ミシン 自動糸調子

自動糸調子って初心者に必要?

 

生地を縫っていく時に、縫い目を見ながら、上糸と下糸の調子を、普通は、手動で調節していくのですが、それをある程度、自動でやってくれるのが、「自動糸調子機能」です。

 

ミシン 自動糸調子

 

調子っていうのは、糸の張りの強さのこと。

 

糸の種類の違い、また、生地の違いによって、縫い目が綺麗になる張りの強さがある、っていうことですね。

 

張りが緩いと糸が浮いてしまったり、逆に強いと、生地がつってしまったりします。

 

初心者のうちは、この調節が意外と難しかったりするので、初めてミシンを使う方には、自動糸調子はとても便利な機能です。

 

ただ、この機能も完璧ではなく、生地や糸、または、メーカー毎の精度によって、微妙に狂う場合もあるんですよねぇ^^;

 

そんな時は、自動にダイヤルを合わせておくよりも、かえって手動で調整した方がうまく縫える場合もあります。

 

そして、そうやって、手動で調整しているうちに、だんだんと「糸調子」を感覚としてつかんでいくことが出来ます。

 

まとめると…

 

自動に合わせておけば、全てがうまくいく…っていうわけではないけれど、慣れない初心者をサポートしてくれる機能…それが「自動糸調子機能」です。

 

値段的に折り合えば、この機能がついているものを購入した方が楽です。

 

ただ、最終的には、自分で調節出来るようになることの方が大事なので、予算的に厳しければ、ついていなくても大丈夫です。

 

 

比較的安い値段で、自動上糸調節機能がついているミシン

 

 


初心者に、おすすめのミシンは?