ジャノメミシン「JP510N」を買いました!

初めての家庭用ミシンは、ジャノメのJP510Nを買いました。

 

初心者におすすめのフルサイズミシンとして、ネット上の口コミでも評判の良かった機種です。

 

JP510N梱包状態

 

買ったお店は、楽天市場のミシンジャパンさん。

 

この機種の口コミレビューだけでも、なんと1万件を超え、人気のミシン専門店ですよね。

 

ミシンジャパンへはこちらから

 

注文ボタンを押す前には、ほかの人の評価もチェックしたのですが、90%以上が、4つ星か5つ星だったので、性能の方も好評なのがうかがえました。

 

私自身の購入の決め手としては、ロングランで発売されているシリーズなので、壊れにくく長く使えそうなこと

 

自動糸調子が付いているので、難しいことを考えることなく、初心者でも、すぐに縫い始められそうなこと…などでした。

 

小型の軽いミシンだと、縫う時にガタガタして、初心者にはかえって縫いにくい…っていう口コミも多いようなので、ある程度、重量のあるフルサイズミシンを選びました。

 

 

JP510と、JP710の違いは?

私が、このジャノメのミシンを買った時は、「JP510」という型番だったのですが、今は「JP710」に引き継がれたようです。

 

もともと、JP500から始まるこのシリーズは、10年以上も続くロングセラーのシリーズで、以下のような特徴があるミシンです。

  • 縫い目がきれい
  • 自動糸調子があるので初心者でも使いやすい
  • 必要以上の機能がついていない
  • ノーメンテナンスで長く使える
  • 完成度の高いフルサイズミシン

 

JP710は、JP510の後継機種なので、機能的には、ほぼ同じですが、手元で長さを測る時に便利な定規のようなメジャーシールが付いていたり、各ボタンの表示が、よりわかりやすくなっていたりします。

 

JP310とJP710の違いは?

JP310は、JP710の姉妹機で、廉価版のような位置づけのミシンです。

 

値段も、JP310の方が、JP710より、1万円以上安くなっていますよね。

 

2つの機種の主な違いは、以下の通りです。

 

項目 JP310 JP710
重さ 5.5kg 8.3kg
ケース キャリングバッグ ハードケース
ステッチ数 20種類 30種類
鉄板 プラスチック製 オール金属製
押さえ圧調節 無し 有り

 

ミシンは、金属部品を多く使っている方が耐久性がありますが、JP310は、一部、プラスチックを使うことにより、安い値段を実現しています。

 

その分、重さも軽くなっているので、JP310は、フルサイズと言うよりは、ミディアムサイズミシンというポジションです。

 

JP510を注文してから届くまで

 

jp510包装紙あり

 

日曜日の午前10時くらいに、楽天市場のお店で注文して、届いたのが火曜日の午前中でした。

 

日曜日は、定休日だったみたいですが、月曜日の夜には、「ミシンを発送しました」のメールが届いていました。

 

ミシンジャパンさんは、5年保証と即日発送を謳っているお店ですが、ほとんど即日発送のような感じだったので良かったです。

 

すぐ来るのは、嬉しいですよね。

 

包装紙ありでお願いしていたので、写真のような外観で届きました。

 

ちょっと足が写ってますが、ご勘弁を〜(^_^;)

 

包装紙は無料のギフトラッピングです。

 

ミシンジャパンさんは、エコプロジェクトのチーム−6%にも参加していて、シンプル配送を掲げているので、写真のような簡易ラッピングということみたいです。

 

なので、「母の日にミシンをプレゼント」とか、もっと、豪華なギフトっぽく、リボンをつけたり飾りたい、っていう方は、これとは別に用意した方がいいかもしれないです。

 

JP510Nの付属品(SFセット)

 

JP510N 付属品

 

さて、いよいよ開封です。

 

箱をあけると、まず上の方に、取扱説明書と使い方DVD、さらに、写真のような付属品の類が入ってました。

 

フットコントローラー、糸、ミシン針、SFセットで選んだロックカッター(サイドカッター)などですね。

 

そうそう、ミシンジャパンさんでは、販売セットの種類が

  • Fセット
  • SFセット
  • SF2セット
  • DXセット
  • DX2セット
  • DXαセット

と6種類もあったので、どれにするか悩みました。

 

簡単に言えば、後ろにいくほど、オプション品が豪華になって値段も高くなるセットのようでした。

 

私の場合は、あんまりいろんな物が付いて来ても、使いこなせないと悪いので、糸だけいっぱい付いて来るSFセットにしました。

 

JP510梱包の発泡スチロール
あと、ミシンを保護していた発泡スチロールなんですが、これが途中でカットされていたので、「親切だな」って思いました。

 

ミシンは8キロもあるし、全部つながってる一体型の発泡スチロールだと、きっと出しにくかったと思います。

 

二人がかりで、箱を引っ張らなきゃならなくなったりして…。

 

でもカットしてあったので、一人でも、難なくミシンを出すことが出来ました。

 

付属品は、この他にも、標準でワイドクリアテーブルとハードカバーが付いて来ました。

 

さらに、販売記念の特典として選んだのは、女の子用の入園キットです。

 

内容は、一枚が赤系のチェック生地で、もう一枚が、ちょっと厚めのジーンズ生地、さらに、紐も1本入っていました。

 

入園7点セットの作り方の説明書も入っていて、ここには…

  • はし入れ
  • お弁当袋
  • コップ入れ
  • レッスンバッグ
  • シューズケース
  • お着替え袋
  • ランチョンマット

の作り方が載ってました。

 

入園キット女の子用

販売記念の特典
入園キット女の子用

ワイドクリアテーブル

標準で付いて来る
ワイドクリアテーブル


 

作り方の説明は、ごく簡単なものだったので、まったくの初心者には、ちょっと難しいかもしれないな…って感じがしました。

 

JP510との初対面〜そして、試し縫い

 

JP510N 本体

 

さて、いよいよ、買ったミシンとの初対面です。

 

JP510Nなので、パネルの色は、ピンクじゃなくてホワイトです。

 

シンプルなデザインで、実物は、思ったよりもスッキリした感じでした。

 

とは言え、適度に丸っこいので、なんか親しみもあります(^o^)

 

止め縫いとか、返し縫いとか、ボタン類も、その機能の名前が大きく書いてあるので、わかりやすくていいな、って思いました。

 

さてさて、では早速、試し縫いをしてみましょ〜。

 

取り扱い説明書もありますが、動画DVDの方がわかりやすそうだったので、そちらを先に見てみました。

 

コードをつないで、スイッチを入れて、糸をつないで…っていう一連の準備は、文章で読むよりも、やっぱり動画で見た方がわかりやすいですね。

 

操作の仕方もひと通りの説明が入ってました。

 

飾りぬい
直線縫いは、難なく出来たので、調子にのって、飾り縫いもやってみました。

 

飾り縫いは、押さえを変えないといけないし、その練習も兼ねて。

 

で、その時、縫ったのが写真の模様たちです。

 

調整すれば、もうちょっと綺麗になるのかもしれませんが、とりあえず、何も考えなくても、これぐらいは縫えました。

 

家庭用のコンピューターミシンは優秀ですね、ちょっとビックリ〜(@_@)

 

ちなみに、自動糸調整は、オートの位置のままです。

 

柄の詳細は、右から、縫い模様30番の雪の結晶みたいな柄、24番のジグザグチェックみたいな柄、25番の木の葉柄、26番の曲線的な木の葉柄、そして、27番の三日月みたいな柄です。

 

試し縫いまで終えてみてのQ&A

 

動作音はどれぐらい?

動作音は、思ってたよりも意外に静かでした。

 

YouTubeとかには、JP510が動いてる動画があるじゃないですか。

 

あれで聞くと、けっこうウルサイのかな、って気がしてたんですが、実際の音は、その印象よりも静かな感じでした。

初心者でもすぐ縫えそう?

本体の重さが8.3kgあるので、縫う時にもガタガタせずに安定して縫えました

 

やってみた飾り縫いなんかは、手を添えているだけで進んでいく感じです。

 

糸の絡まりとかもなく、特に、問題はありませんでした。

 

自動糸調子も付いてるし、DVDの通りに進めていけば、全く初めてでも、スムーズにミシンで縫うことに入っていけると思います。